過払いになる前にこうすればよかった返済計画

過払いい請求のあと、あなたはどうしますか?繰り返さないための計画が重要です。なにが悪かったのか?見直してしっかりとしたシュミレーションを

下部のボタン↓よりセルフチェックを

なぜあなたが過払いになったり苦しんだりしたのか?

過払い請求のあともそうですが、返済可能であったときどうすればよかったか?

想像できますか?

  • 返済計画をしっかり立てること
  • 追い打ちで別のローンをしないこと

    が実は一番大切なのです。

 

借り入れが多くなっていくと月々の返済が大変になり、少しでも返済が楽にしたい、なれば良いなと借り換えを考える人が多いのです。

しかし審査が通り借り換えをした後で、その借り換えに借りたお金がはいると、そのお金をもらった気になって、ほかに使ってしまったり、借り換えた後で更に違うカードローンを利用してしまったりと甘い計画をしているために、結局借り換えしたことが無駄になり、雪だるま式がつづき、無意味になる方が多く、失敗しているケースが多いのです。

人間だからしょうがないといえばしょうがない

と思ってしまう方も多いはず

きっちりと返済計画をイメージしたうえで借り換えするようにしないと
これくらいなら良いだろうと考えを最終的に債務整理をしなくてはならない状況になってしまう。

実は、債務整理に来る方のほとんどは、借り換えなどに、とても詳しいことが多いのです。

借り換えするときに重要なことは、審査や申込みをする前に担当者方に質問、相談をしっかりしましょう。
必ず必要なのは、楽になることではなく、完済できるプランです。

必ず、完済できる計画をもってください。担当者の方はきっとだしてくると思います。相手もプロ、それに従っていくといいのです。

完済ではなく、他の話が出る場合は、違う人に聞いてみるといいでしょう。セカンドオピニオンです。


計画通りに返済が進んでいくと余裕が出てくる月がきっと出てくると思いますので、その際には繰り上げ返済をすると更に早く返済していけます。

ここで重要なのは、返済です。

必ず、返済してから先に進まなければいけません。

もう一度確認です。

借り換えをするとき、審査も必ずおこないます。多くのカードローン会社等はこの位借りた場合の返済はこの位になると言う様なシミュレーションシステムを持っています。

当然、返済できない前提で貸す会社はないはずですから。


これを利用して返済計画を立てたり総返済額を確認したりして、無理が無い様に計画をイメージし、実行することが大切です。

イメージだけではだめです。実行しなければなりません。

早く返そうと月々の返済額を増やしてしまうと結局、他のカードローンに手を出す事にもなりますのであくまでも無理が無く完済することが大切なのです。

あなたの手元にまだ1万円があったなら

下の方法を、買ってみてはいかがでしょうか?4,800円ですから5,200円は残ります

自分でどうすればいいかわからないのであれば、価値があります。無料相談といって、自分から行くことなく、自分の力で

どっちにしても最後は自分なのです。

>>現役の金融会社員が教える!自分でできる過払い請求・債務整理

もし二万円がまだ手元に残っているのなら

より強力なこちらはいかがでしょうか?

何事もまず1歩踏み出さなければなりません。