総量規制で消費者は、本当にまもれるのか?

総量規制は、キャッシング枠だけに適用される規制。もしもショッピング枠をいっぱい使ってしまうと、苦しんでしまいます。

下部のボタン↓よりセルフチェックを

クレジットカードキャッシングの総量規制とは?

知ってましたか?

消費者金融で借りる場合の限度額が年収の1/3までとなると言う規制で、これ以上借りることができません。

これは、キャッシングを利用する場合に総量規制という制限が法律で決まっているからです。


法律によって、多重債務や自己破産等の問題が少なくなることを目指してのものです。。

こうした総量規制が適用されるようになってから、まだ日も浅いのが現実です。

クレジットカードを実際に作る際には収入証明書や納税証明書等を提出することが求められるようになりました。

しかしみなさん、考えてみてください。
いくら規制がかかっていてもお金を限度額いっぱいに借りた上にショッピング枠をいっぱい使ってしまうとやはり返済に苦しみます。

また消費者金融が利用できないからと言って銀行系のカードローンを利用してしまうと、それもまた返済に苦しむようになってしまうのが現実です。

なぜこのことをあげたかというと、
ポイントを溜める際にクレジットカードを使うと言うのであれば、その還元率が高いかどうかで判断してカードを作ることがあります。
還元率が高いと言う所もポイントだと思いますが、カードの場合は実は、ショッピング枠とキャッシング枠で分けられています。

総量規制はキャッシング枠だけに適用されている規制ですので、もしも現在消費者金融で年収の1/3以上借りている場合は審査で調べられ、キャッシングの枠がゼロの状態で作られますので、枠を見極めることも実はポイントとなります。

例外もあります。

銀行系のカードローンを利用してお金を借りる場合はこの規制が適用されません。

この総量規制はそれ以上使わないためにも1つの目安として捉えてたほうがいいとおもいます。

あなたの手元にまだ1万円があったなら

下の方法を、買ってみてはいかがでしょうか?4,800円ですから5,200円は残ります

自分でどうすればいいかわからないのであれば、価値があります。無料相談といって、自分から行くことなく、自分の力で

どっちにしても最後は自分なのです。

>>現役の金融会社員が教える!自分でできる過払い請求・債務整理

もし二万円がまだ手元に残っているのなら

より強力なこちらはいかがでしょうか?

何事もまず1歩踏み出さなければなりません。