返済滞納は、約束を守れないということと同じです。

キャッシングが通らいない理由。書類の不備、事実と違うことの記載、ブラックリストの三つがまず考えられます。

下部のボタン↓よりセルフチェックを

審査が通らない。キャッシングで起こる理由について

キャッシングの審査が通らない人は、どんな人なのでしょうか?

比較的、返済が見込めない人にお金は貸したくないことは当然。
キャッシングローンの会社も商売として行なっているのですから

当然ですが、個人情報ということで、

審査が通らなかった場合、クレジットカード会社もそうですが、その理由は絶対に教えてくれません。
メールで通知が来た後に、直接、理由を問い合わせても内容を教えてくれないもので、これはどこも同じケースです。


予想される内容としては、

  • 申込用紙の不備
  • 事実とは違うことが書いてある場合
  • ブラックリストに名前がある場合

などが考えられます。

申込用紙の不備は別として、

審査が通らなかった人の中で、信用情報機関に問い合わせて該当がない方の場合も同じく借り入れが出来ません。

当然です。
架空の人の名前で申し込みをすれば、実際にいない人なので、データ上も誰も該当しないからです。

キャッシングローンを悪用しようとして、こうした架空名義で申し込みをしても審査が通らないということなのです。

また、ブラックリストは、他社で借り入れしていて、返済を3ヵ月以上遅らせてしまうと、リストに名前が載ります。
その情報は金融情報機関で共有しているので、

この人は滞納者です 

とレッテルが貼られてしまうことになります。


当然、返済能力がないという評価になり、審査が通らないことが多いです。


一般的に5年経過すると、ブラックリストから名前が消えるといわれていますので、いずれは消えるということでブラックリストを比較的、軽く見ている利用者もいるようです。


ですが、返済滞納は、キャッシングローンの会社と交わした約束が守れないということですから、本来ならば延滞はすべきではありません。

あなたの手元にまだ1万円があったなら

下の方法を、買ってみてはいかがでしょうか?4,800円ですから5,200円は残ります

自分でどうすればいいかわからないのであれば、価値があります。無料相談といって、自分から行くことなく、自分の力で

どっちにしても最後は自分なのです。

>>現役の金融会社員が教える!自分でできる過払い請求・債務整理

もし二万円がまだ手元に残っているのなら

より強力なこちらはいかがでしょうか?

何事もまず1歩踏み出さなければなりません。