クレジットを分ける、メリットとデメリット

クレジットカードを分ける?ポイントのためには一つの方がいいですが、トラブル回避のためにも分ける方法もおすすめ。

下部のボタン↓よりセルフチェックを

クレジットの使い方?生活費と娯楽費のクレジットカードは分ける?

光熱費などの生活費用のクレジットとショッピング用のクレジットカードは分けた方がいいのではないでしょうか?

何故ならクレジットカードが利用停止になってしまう事も考えられるからです。
利用停止になる訳としては、

  • 紛失や盗難による利用停止
  • 限度額以上利用した事による利用停止
  • ご自身で解約した場合にとられる利用停止

3つの理由が主に有ると思います。


1枚でまとめて使っていて限度額いっぱいになってしまって利用停止になった場合、電気代や通信費、税金の様な毎月固定で支払うべき生活費まで利用できなくなってしまいます。

そうなってしまうと当然、生活に支障が出てきてしまいます。


またカードの使い方を改めてみて、ショッピングでクレジットカードを使わない様にカードを解約しようと思った場合、生活費等を支払う際の方法を全部変えていかなくてはならず面倒な手続きをしなければなりません。


こうした理由から別で分けておいた方が何かと使い勝手が良くクレジットカードを利用できます。


もちろんポイントの溜まり具合は減ってしまうかもしれません。どの様にカードを使っていくか改めて考え直してみて、分けてみる。

ポイントをたくさん溜めたいと言う思いからポイント還元率が高いクレジットカードを利用し、出来れば1枚にまとめた方が早く還元されるからとカードを1枚にまとめて使う人もいると思います。

しかし出来れば還元率が高いのでポイントを溜めたいと言う思いを少し捨てて、利用用途に応じてクレジットカードは分けた方がトラブル回避になると思います。

あなたの手元にまだ1万円があったなら

下の方法を、買ってみてはいかがでしょうか?4,800円ですから5,200円は残ります

自分でどうすればいいかわからないのであれば、価値があります。無料相談といって、自分から行くことなく、自分の力で

どっちにしても最後は自分なのです。

>>現役の金融会社員が教える!自分でできる過払い請求・債務整理

もし二万円がまだ手元に残っているのなら

より強力なこちらはいかがでしょうか?

何事もまず1歩踏み出さなければなりません。